埼玉県を中心に関東一円(東京・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城)で環境計量・化学分析を行っています。

PCB

照明器具安定器のPCB

 照明器具安定器には意図的にPCBが使用されていたことから、高濃度PCBの扱いとなります。処理は2023年3月31日までに処理することが義務付けられています。弊社では照明器具安定器について、PCB含有の有無を調査し、PCB含有の安定器が確認された場合は、中間貯蔵・環境安全事業(JESCO)の搬入荷姿登録作業(JESCO指定容器へのPCB廃安定器の収納、登録申請書の作成)まで対応しております。
 昭和52年3月までに建築・改修した建物を所有の方は、早めにお問い合わせください。
 ※安定器の調査は、原則全数調査ですので、供用中の建物では照明器具をはずして確認します。

     
蛍光灯安定器 水銀灯安定器 供用中建物は、カバーを外して
安定器の品番等を確認します

絶縁油中のPCB

 PCB廃棄物の保管事業者には、PCB廃棄物の保管状況等について毎年度、届出するとともに適正な保管と2027年3月31日までの処分が義務づけられています。PCB濃度が0.5mg/kgを超えた場合には、PCB特別管理廃棄物になります。

 当社では、絶縁油中の微量PCBを関する簡易測定法マニュアルに従って分析をおこなっております。トランス、コンデンサ等の電気機器に該当するものがないかご確認したい場合は、お問い合わせください。

     
 トランス コンデンサ  油しゃ断器

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL 0493-39-5181

PAGETOP
Copyright © 株式会社 環境テクノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.